【レジまぐ】徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」検証・レビュー

こんばんは、GONZOです。
本日取り上げるのはレジまぐランキングで常に上位に入っている老舗メルマガのこちらをレビューします。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版>

タイトル:徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」PC版
発行者:kAZ
月額:2,786円
発行開始:2014/12/01
発行形式:メルマガ
馬券:単勝、複勝、馬連、ワイド、馬単、3連複、3連単
配信時間:週3回
サイト:http://keibabusiness.com

 

メルマガ概要

人気の競馬ブログ「競馬はビジネスである」を運営するKAZさんが発行する老舗メルマガ。競馬を「ギャンブル」としてでなく「ビジネス」として考える、という視点の元に、ラップ、血統、適正などを駆使して論理的に狙い馬を見つけ出すスタイルで人気を集めています。

とにかくメルマガのクオリティに特化し小手先の一度の的中などに満足せず、必然的に的中するための分析と回顧の積み重ねでクオリティを維持することで多くの読者を集めて長い期間で支持を得ています。

読者の競馬力を鍛えることがテーマで予想が売りのメルマガではありませんので、買い目や回収率などは明るみに出ていませんが、GONZOレビューできっちりと分析していきます。

レース的中率 

重賞の本命馬の複勝率は30%以上。中穴狙いでもコンスタントな的中。

レジまぐ上の買い目登録はありませんので詳細な的中率はわかりませんが、ブログ上で重賞の予想は掲載されていますので参考に本命馬の重賞成績をまとめてみました。

【2017年の本命馬の重賞実績】(11/19現在)
・本命馬成績 8-22-11-73
・勝率 7.0%
・連対率 26.3%
・複勝率 36.0%
・人気別 1番人気18回、2番人気13回、3番人気10回、4~5番人気21回、6~9番人気30回、10番人気以降22回

各レースに勝負度がそれぞれあるので、並べての単純な比較はできませんが4番人気以降の中穴狙いの本命馬が予想の半数を占めており、それでいて3回に1回以上は馬券に絡む実績はなかなかのもの。メルマガでは重賞見解を全馬詳細に記したシートの配信もあるので本命軸馬の予想は素直に信頼してもよさそうです。

もう少し踏み込んで、本年のG1成績も詳しくチェックしてみます。

【2017年の本命馬のG1実績】(11/19現在)
・フェブラリーS ◎ベストウォーリア(5人気)2着
・高松宮記念 ◎メラグラーナ(3人気)10着
・大阪杯 ◎ミッキーロケット(6人気)7着
・桜花賞 ◎ソウルスターリング(1人気)3着
・皐月賞 ◎ウインブライト(6人気)8着
・天皇賞春 ◎シュヴァルグラン(4人気)2着
・NHKマイルC ◎プラチナヴォイス(8人気)11着
・ヴィクトリアM ◎ウキヨノカゼ(8人気)9着
・オークス ◎リスグラシュー(3人気)5着
・日本ダービー ◎スワーヴリチャード(3人気)2着
・安田記念 ◎ブラックスピネル(10人気)18着
・宝塚記念 ◎レインボーライン(7人気)5着
・スプリンターズS ◎セイウンコウセイ(3人気)11着
・秋華賞 ◎メイショウオワラ(12人気)16着
・菊花賞 ◎クリンチャー(10人気)2着
・天皇賞秋 ◎シャケトラ(11人気)15着
・エリザベス女王杯 ◎モズカッチャン(5人気)1着
・マイルCS ◎クルーガー(8人気)7着

・本命馬成績 1-4-1-12
・勝率 5.6%
・連対率 27.8%
・複勝率 33.3%
・人気別 1番人気1回、2番人気0回、3番人気4回、4~5番人気3回、6~9番人気6回、10番人気以降4回

勝率や複勝率などは全体とほぼ変わりませんが、特筆すべきは本命馬の人気で1番人気の本命はわずかに1回のみと他は全て3番人気以降の馬で本命馬を選定しています。人気とのバランスを考えればG1では更に馬券的な妙味は上がり、30%以上の複勝率を維持しているので狙っていく価値は更にありそうです。

ここで取り上げたのは重賞の実績のみですが、メルマガでは平場・特別戦でも予想配信はあります。各レースに勝負度がA~Fで示してあり、勝負度が上がるにつれて本命馬の信頼度はかなり高くなっています。

レースを問わず、年間を通してコンスタントな的中は期待できるでしょう。

買い方・買い目点数 

各レースによって買い方・買い目の指定はあり。勝負度により購入金額は決定。

買い方、買い目は決まったパターンではなくレースの特性によってそれぞれ変更になります。推奨馬券として買い目の記載フォローはありますので、丸乗り派の方もこちらの記載を参考にすれば大丈夫でしょう。

金額の指定は各レースの勝負度によって記載がありますが、細かい買い目金額の指定はありませんので、最終的な決断は各レースの予算金額によっての購読者の判断になりそうです。

※勝負度による購入金額の基準(メルマガより参照)
勝負度A ⇒5,100円以上
勝負度B ⇒3,600円〜5,000円
勝負度C ⇒2,600円〜3,500円
勝負度D ⇒1,600円〜2,500円
勝負度E ⇒600円〜1,500円
勝負度F ⇒100円〜500円

ブログ上で公開されている実際のメルマガの買い目も以下参照下さい。
(2017年11月11日(土)の配信内容です。)

 福島1R サラ2歳未勝利 ダート1700m [勝負度E] [その他]

◎ブロンズケイ
◯レッドアルディ
▲リキサンゴルト
☆ザリーティー
△1ニコラオス
△2サンライズハニー
△3クーファエラン
△4クリアロマンス
△5キッチンウィッチ

ここは小回りダート1700mの積極策に変われば◎ブロンズケイが一変するはず。この馬は初ダート戦で恐らくはオープンぐらいまでは行くだろうハヤブサレジェンドの先行策に付き合って3着好走。ハヤブサレジェンドが刻んだラップは2歳戦ではありえないもので、この馬の走破時計でも完全タイム差+0.1という優秀なもの。2着ワンダーツーと4着トーセンヴィータはその後の未勝利で全て2着に好走しており、このレースで常に走れている馬は間違いなくハイレベル。前走は富田騎手が消極的な騎乗でスローで揉まれて脚をなくした事が敗因。今回は積極策で行く事濃厚で、そうなればここでは勝ち負けに持ち込めるでしょう。

対抗は前走レベルを考えれば◯レッドアルディが強い。ライジングドラゴンの新馬戦は上位馬が全て上位好走している超ハイレベル戦。確かにスローペースに恵まれたのはありますが、1:55:2の走破時計で走れているだけでも今の未勝利戦なら明らかに上位。ここも先行できれば上位争いは間違いないか。

同じく前走レベルを考えれば▲リキサンゴルトも有力。前走は逃げたヴェルトゥアルが最速上がりで突き放すという非常に強い競馬をしたレース。それを2番手から追いかけたこの馬は厳しいレースに。最後までバテていませんし父ダイワメジャー×トニービンという配合を見ても前走のような東京マイルの道悪戦よりも消耗戦の方が得意なはず。今回はパフォーマンスを上げてくると見ました。

それなりに先行争い激しくなりそうで、そうなれば☆ザリーティーはパフォーマンスを上げてくるはず。前走はタイムランクE戦で完全タイム差+2.8という内容ですが、ここまで時計が遅いのは超スローになったのが要因。そんなレースを終始外外を回って最後に力尽きた感じで、今回はじっくり構える競馬をすれば展開向いて差し込んで来れそうだ。

推奨馬券
単勝 ◎ブロンズケイ 大本線
馬連 ◎→◯ 大本線
馬連 ◎→▲ 本線
馬単 ◎→◯▲ ボーナス
三連複 ◎→◯▲☆ ボーナス

<結果>
1着:◎ブロンズケイ
2着:◯レッドアルディ
3着:▲リキサンゴルト
4着:☆ザリーティ

引用元:競馬はビジネスである

レジまぐでの買い目登録はありませんが、上記のように各レース毎に買い目指定もあり、勝負度によって金額予算を設定し買い方のメリハリもつけられる納得性のある配信内容です。(細かい買い目の金額もあれば初心者にはなお良いでしょうが)

提供レース数

1日平均8Rの提供ボリューム。勝負度Aは月に1本程度の配信。

提供レースの配信は前日夜~早朝、当日午前~お昼で2回に分けて配信。各レースに予想根拠と勝負度の記載があり、提供レースも平均すると1日8R前後とかなりのボリューム。

以下、直近1カ月の提供レースと勝負レースの割合です。

【直近1カ月の提供レース】(地方交流重賞含む)
・9/30 6R(勝負度D:3R、勝負度E:3R)
・10/1 9R(勝負度D:5R、勝負度E:4R)
・10/7 7R(勝負度C:1R、勝負度D:1R、勝負度E:4R、勝負度F:1R)
・10/8 12R(勝負度C:2R、勝負度D:4R、勝負度E:4R、勝負度F:2R)
・10/9 9R(勝負度C:4R、勝負度D:1R、勝負度E:4R)
・10/14 4R(勝負度A:1R、勝負度C:1R、勝負度D:4R、勝負度E:1R)
・10/15 7R(勝負度B:1R、勝負度D:3R、勝負度E:2R、勝負度F:1R)
・10/21 7R(勝負度D:3R、勝負度E:4R)
・10/22 7R(勝負度D:3R、勝負度E:3R、勝負度F:1R)
・10/28 11R(勝負度C:1R、勝負度D:4R、勝負度E:6R)
・10/29 7R(勝負度C:2R、勝負度D:4R、勝負度E:1R)
・11/3 9R(勝負度B:2R、勝負度D:3R、勝負度F:4R)
・11/4 5R(勝負度D:1R、勝負度E:4R)
・11/5 7R(勝負度C:2R、勝負度D:2R、勝負度E:3R)
・11/11 9R(勝負度C:1R、勝負度D:2R、勝負度E:3R、勝負度F:2R)
・11/12 12R(勝負度B:1R、勝負度C:1R、勝負度D:6R、勝負度E:3R、勝負度F:1R)
・11/18 7R(勝負度D:3R、勝負度E:3R、勝負度F:1R)
・11/19 12R(勝負度C:1R、勝負度D:4R、勝負度E:6R、勝負度F:1R)

※9/30~11/19 提供レース147R
・勝負度A 1R
・勝負度B 4R
・勝負度C 16R
・勝負度D 53R
・勝負度E 59R
・勝負度F 14R

配信レースは少ない日で4R、多い日で12R配信となっています。勝負度はE~Dランクの配信が中心ですが、Aランク配信は平均すると月に1本、Bランクは週に1本程度の配信となっています。

提供レースの数は他のメルマガと比べると比較的多いですが、Cランクレースは日に1本あるかないかですのでメリハリをつけたうえで勝負レースを選定すれば月を通じて十分に楽しめる内容だと思います。

回収率の安定度

実績はレジまぐの買い目登録なしで詳細回収率は不明。

レジまぐ上で買い目登録がないため、詳細な回収率は測定不能。メルマガでも各レースの買い目金額までの配信はないため把握がしきれません。

冒頭でも紹介した通り、このメルマガでは買い目配信だけの短期的な収支を目的としたものではないため、完全丸乗り派に向けてではなく、レースの分析・回顧も含めて最終的には自分で予想や馬券を組み立てられる方を対象としています。ですので、あえて回収率を公表していないのか、違う理由があるのかはわかりませんが、ここまでご紹介したように確立された予想スタイルがあるのであれば全てを公表してもよいかと思いますが・・・。

回収率に関しては引き続き、検証を進めていきたいと思います。

予想根拠 

各レースの予想や根拠、平日の回顧分析など他のメルマガを凌駕するクオリティ

このメルマガの1番の売りである、各分析内容は他のメルマガを凌駕する内容です。質・量共に相当なボリュームがありこれだけでも購読する価値は十分にあります。

週末のレース予想や解説はここまである程度ご紹介してきましたので、こちらでは平日配信される内容を解説していきます。

【月曜日】重賞回顧データ配布
前週に行われた重賞回顧をPDFシートにて配信。レース全般の回顧に始まり、全馬のコメントや次走に狙える馬まで詳細に記載されています。

【火曜日】競馬力に直結する週間コラム
直近では配信があまりありませんが、過去には「深刻な中距離路線以外の地盤沈下」「騎手だって展開を考えているという事」「外枠の馬が走れるレースが現代競馬の狙い目か」「超速報:新種牡馬のイメージ評」など一読の価値あるテーマのコラムを配信しています。

【水曜日】全レース分析
前週の全レース短評と独自のタイムランクなど詳細にまとめられたらデータを配信。中でも注目なのがメルマガ本文に記載のある次走の注目馬で、この馬をチェックしておくと次走以降の予想の大きなポイントになります。

以下、ブログに記載のあった過去の次走注目馬の内容です。

【2/27(土) 阪神5R】エンジェルフェイス
完全タイム差-0.8はあと一歩でタイムランクAという内容。この時計を自らレースを作って刻んだエンジェルフェイスは相当強そうで、しかも直線は馬なりで後ろを突き放す一方という内容。次走フラワーCあたりならまず勝ち負けになる。

【2/27(土) 阪神8R】アルパーシャン
大外枠で出負けし前に壁を作れなかった結果、向こう正面で完全に折り合いを欠いてしまった。そこで脚を使ってしまった分、直線は全く伸びず。500万の勝ち方を見ても素質は上に行ける器で、次走折り合いつけば一変していい。

引用元:競馬はビジネスである

【木曜日】新馬戦レビュー
前週の新馬戦の回顧やレースレベルまで記載したものを配信。レースレベルの高かった馬などチェックしておくことで貴重な情報として将来的な予想に役立っていきます。

こちらもブログに記載のあった情報を一部紹介いたします。

**********************
【11/26(土) 東京6R】サンライズノヴァ
<レースレベル>★★★★★★ <勝ち馬レベル>重賞級
先行した2頭も相当なレベルの馬であることは間違いなく、3着馬のリアンヴェルテも同日のモンサンレガーメよりも先着している時計という異常なハイレベル戦。しかも新馬戦にしてはかなり流れたペースにも関わらず、前へ行った2頭は最後まで止まっておらず、普通ならばこの2頭がそのまま行った行ったで後ろを大きく引き離すレース。そんなレースをサンライズノヴァはエンジンかかるの遅れながら遊びながら差し切った。ちょっとこの新馬戦は衝撃的で今年の2歳新馬戦ではエピカリスの時以来の衝撃を受けた。

エンジンのかかり遅いので距離も持つはずだが、直線長い東京コースが向くタイプか。イメージとしてはゴールドドリームに近い感じで、素質もまずそれくらいはありそうな感じだ。エピカリスの次点、いやエピカリスに匹敵するだけの素質を持っているかも。次走は要注目。

**********************

引用元:競馬はビジネスである

【金曜日】重賞まとめデータ配布
月曜配信の回顧シート同様に、今週の重賞予想のシートが配信されます。レースの予想や全馬の考察など細かく分析されており、このシートを1枚持っていれば競馬新聞は買わなくてもよいでしょう。

このように平日~週末まで日々配信されるコンテンツは、自身の競馬力を身につけるためにはどれもとても貴重な情報になっております。平日の分析だけでも購読料分(2,786円)以上の価値は十分にある内容です。

総合評価 

価値>価格が上回る優良メルマガ。初心者~上級者まで購読の価値あり。

様々な視点から紹介はしてきましたが、どの点を見ても価格以上の情報を提供してくれる優良メルマガです。週末の予想からまずは参考にしても良し、平日の分析・回顧をもとに自分で予想を組み立てても良しと、どのユーザーが購読しても価値ある内容となっております。

競馬初心者の方も、このメルマガの内容に沿って予習&復習をしていけば必ず競馬力は身に付くと思いますし、その結果から長い期間、多くの購読者に支持されているのだと思います。
繰り返しの学習になると思うので、短期スパンで結果を求められる方にはスタイルが合わないかもしれませんが中長期的な視点で考えれば、自身の競馬力と共に結果もついてくるでしょう。

購読がまだの方は是非チェックしてください。(しかも初月無料!継続特典もあります。)

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<PC版>
購入する!

▼モバイル版はこちらからご購読下さい。

徹底分析メルマガ「競馬をビジネスにする」<モバイル版>
購入する!